dooomin-blog

50代、女性、独身、子供なし。お一人様、めちゃくちゃ楽しく生きてます。

おススメ映画『ジョン・ウィック・パラベラム』キアヌ・リーヴス恰好良き。いつの間にか超大作になっていた!!

f:id:dooomin:20210104125811p:plain

引用元:ジョンウィック・パラベラム公式

どーも。ドゥーミンです。

今回はおススメ映画、「ジョンウィック・パラベラム(2019公開)」を紹介します。

キアヌ・リーブス主演の超人気作第3作。最初は地味目で規模も小さく、チャンバラムービーっぽかったんだけど、どんどんスケールが大きくなってきています。登場人物も多くなって、続編観るには予習必須です。

第4作は2021年公開予定ですので、早めに予習しておいてね!

ストーリー

裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を絶対とする組織の粛清だった。1,400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばして、ジョンを追い詰める。 果たしてジョンは窮地を脱出し、再び自由を手にすることができるのか!? 

<引用元:公式HP

一作目:ジョン・ウィック

5年前に引退した伝説の殺し屋ジョンウィック。妻が死んで数日後に贈られた子犬を暴漢に殺され、愛車を盗まれた事から復讐のために再び裏社会へ…。とういうストーリー。

キアヌ・リーブスのアクションが結構泥臭くて、走り方もドタドタしていて、たまんないです。なんかね、キレッキレな殺し屋じゃないのにすごく強くて、そこがこの作品の魅力なんだと思います。キアヌはこういうちょっと影があるシリアスな役が似合いますね~。この映画で、カンフーとガンアクションを組み合わせた『ガンフー』なる言葉が作られました。

 

ジョン・ウィック(字幕版)

ジョン・ウィック(字幕版)

  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: Prime Video
 

 二作目:ジョン・ウィック:チャプター2

前作から5日後。破れない誓い「誓印」を解消する代わりに、サンティーノから姉・ジアナの殺害を受けたジョン。ジアナが死に、ジョンはサンティーノから命を狙われることになった。不殺の掟を破り、コンチネンタルホテルでサンティーノを殺したジョンは、世界中の殺し屋から命を狙われることに…。

1作目よりかなり規模が大きくなり、イタリアのローマに行っちゃったりしています。誓印とか主席連合とか出て来てストーリーが大規模になってきています。また、前作の最期で命を救ったピットブル犬が相棒として登場します。この犬が超めんこい。もちろん、3作目にも登場します。

 

ジョン・ウィック:チャプター2(字幕版)

ジョン・ウィック:チャプター2(字幕版)

  • 発売日: 2017/12/20
  • メディア: Prime Video
 

 

キャスト

ジョン・ウィックキアヌ・リーヴス

「スピード」で大ブレイクした俳優ですね。「マトリックスシリーズ」も大ヒット。

 めちゃくちゃ人柄が良いと評判。このシリーズでは、スーツ姿でガンフーアクション満載です。

・ソフィア:ハル・ベリー

かつてジョンと“血の誓印”を結んだ元殺し屋。いまはコンチネンタルホテル・モロッコの支配人。

なんと、ハル・ベリー公開当時53歳です。まじか…。どんだけ鍛えればあんな体型を作れるのでしょうか? そして、顔!! 綺麗過ぎか!

・バワリー・キング:ローレンス・フィッシュバーン

裏社会の更に地下に潜む組織を率いる。ニューヨークの情報王。

この人もマトリックスシリーズに出演していますね。ちょこちょこといい映画に出ています。

 ・ウィンストン:イアン・マクシェーン

ジョンと信頼関係を築く。コンチネンタルホテル・ニューヨークの支配人

パイレーツ・オブ・カリビアンに出演しているんですね。私は「アメリカン・ゴッド」というドラマで印象に残っていました。

・裁定人:エイジア・ケイト・ディロン

裏社会の秩序を破る者を冷徹に処分する。主席連合の使者。
彼女は「ノンバイナリー(自らの性別を選ばない人)」として有名です。このヘアスタイルどこかで見たなーと思っていたら、「オレンジイズザニューブラック」に出ていた人ですね。

みどころ

1時間後に1400万ドルの賞金が掛けられる前作から、ストーリーが始まります。
 この電算室みたいなところ、大好き。働いている女の人達がタトゥーだらけで恰好いいんです。
 
世界中の殺し屋から狙われまくりです(笑)。ニューヨーク、殺し屋ばっかりです。ホントに次から次へと襲われちゃう。挙句に、街中で馬に乗って逃げちゃう。
ベラルーシ系の孤児だったジョンは、自分が育った古巣に戻って助けを求めるんですけど、ああ、こういう環境で殺し屋になったんだ…と納得。強いわけだわ。
そして、前作よりさらにスケールアップし、モロッコに行っちゃってます。砂漠歩いたり…。そうだ、モロッコでも犬が重要な役で出てきます。この映画、動物の使い方がとても上手い。
結局ジョンは主席連合に反旗を翻し、戦いを挑み…。って感じ。
ストーリー自体はこんな風にざっくり紹介できて、結構単純だと思います。
でも、キャラクターが一人一人しっかり作られていて、観ていて飽きません。演技派揃いだし。
もちろん、アクションシーンもいろいろ仕込んであって楽しい。

最期に『パラベラム』とは?

「パラベラム」とはラテン語「Si vis pacem, para bellum(平和を望むなら、戦いに備えよ)」という意味だそうです。
ちなに、ジョン・ウィックが1作目で殺した人数は77人、2作目は128人、今作は94人だそうです。あははは。気持ち良いくらい、ドンパチします。
こんな状況下ではありますが、是非第4作公開してもらいたい。
待ってますよー。

 

Prime Video

Prime Video

  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: アプリ
 

 

 

ジョン・ウィック:パラベラム(字幕版)

ジョン・ウィック:パラベラム(字幕版)

  • 発売日: 2020/02/19
  • メディア: Prime Video